革新的太陽光発電技術研究開発(革新型太陽電池国際研究拠点整備事業)

エネルギー・環境の技術開発は、社会実装までに長時間を要し、コスト低減に向けた開発リスクが大きいものです。政府が2020年1月21日の統合イノベーション戦略推進会議で決定した、日本と世界の二酸化炭素排出削減を目指す「 革新的環境イノベーション戦略 」の中で、GZRは世界に先駆けて革新的技術を実現していくために、最先端の研究開発を担う国内外の叡智を結集し、G20の研究者12万人をつなぐプラットフォーム拠点として位置付けられています。GZRは、水素、カーボンリサイクル、エネルギーデバイス等の分野で欧米等の研究機関との国際共同研究を実施し、RD20等を通じて収集した世界のプロジェクト情報の分析評価を行うとともに、研究者、企業、投資家に開示するプラットフォームとなります。さらに、世界のカーボンニュートラルを可能とする革新的技術の2050年までの確立を目指し、ゼロエミッション拠点フォーラム(仮称)の事務局を務めます。フォーラムでは、「革新的環境イノベーション戦略」のイノベーション・アクションプランに基づく各研究拠点等のプロジェクト実施状況の共有、拠点間の共同研究、人材の流動化を目指します。. 設立趣旨 GZR研究施設(つくば西事業所)完成イメージ. 当センターは、文部科学省が平成24年度に公募した「地域資源等を活用した産学連携による国際科学イノベーション拠点整備事業」に採択され、整備を進めているイノベーション拠点です。 この事業は、地域資源等も柔軟に活用しつつ、産学官が一つ屋根の下に集い新たな産業や雇用を創出するため、革新的課題の研究開発に異分野融合体制で取り組む「場」を「国際科学イノベーション拠点」として整備し、持続的なイノベーション及び産業や雇用の創出を図ることを目的とする拠点整備事業であり、平成24年度から設計・建設が進められ,平成27年3月に約3,000m 2 の建物が竣工すると共に、共通実験設備が設置されました。場所は東北大学が整備を進める青葉山新キャンパス内で、仙台市営地下鉄東西線(平成27年12月開業)「青葉山駅」近傍の好位置にあります。 現代社会には、超高齢化、大規模災害、その他多くの不確定要素、課題が顕在化しており、この状況に適応し得るレジリエンスを備えた、安心安全で活力ある成熟社会を実現していく必要があります。その基盤として、様々なリスクをいち早く検知して適切な対応を促すスマートな社会システムを構築すべく、東北大学の総力を結集し、地域や産業界との連携により必要な課題について取り組み、革新的イノベーション創出プログラム(COI-STREAM)等と連携してイノベーションの創出を図り、活力ある成熟社会を目指した研究開発を推進して参ります。関係各位のご理解並びにご支援・ご鞭撻をよろしくお願い致します。. センター紹介 組織 研究チーム. この事業は、地域資源等も柔軟に活用しつつ、産学官が一つ屋根の下に集い新たな産業や雇用を創出するため、革新的課題の研究開発に異分野融合体制で取り組む「場」を「国際科学イノベーション拠点」として整備し、持続的なイノベーション及び産業や雇用の創出を図ることを目的とする拠点整備事業であり、平成24年度から設計・建設が進められ,平成27年3月に約3,000m 2 の建物が竣工すると共に、共通実験設備が設置されました。場所は東北大学が整備を進める青葉山新キャンパス内で、仙台市営地下鉄東西線(平成27年12月開業)「青葉山駅」近傍の好位置にあります。. 世界の喫緊の課題である気候変動問題の解決には、環境・エネルギー技術に関する非連続なイノベーションの創出が必要であり、2019年10月の「グリーンイノベーションサミット」において、安倍晋三 内閣総理大臣から、世界の英知を集結する「ゼロエミッション国際共同研究拠点」の立ち上げが表明されました。 これを受け、国立研究開発法人 産業技術総合研究所は、2020年1月29日に「ゼロエミッション国際共同研究センター」 Global Zero Emission Research Center, GZR を設立しました エネルギー・環境の技術開発は、社会実装までに長時間を要し、コスト低減に向けた開発リスクが大きいものです。政府が2020年1月21日の統合イノベーション戦略推進会議で決定した、日本と世界の二酸化炭素排出削減を目指す「 革新的環境イノベーション戦略 」の中で、GZRは世界に先駆けて革新的技術を実現していくために、最先端の研究開発を担う国内外の叡智を結集し、G20の研究者12万人をつなぐプラットフォーム拠点として位置付けられています。GZRは、水素、カーボンリサイクル、エネルギーデバイス等の分野で欧米等の研究機関との国際共同研究を実施し、RD20等を通じて収集した世界のプロジェクト情報の分析評価を行うとともに、研究者、企業、投資家に開示するプラットフォームとなります。さらに、世界のカーボンニュートラルを可能とする革新的技術の2050年までの確立を目指し、ゼロエミッション拠点フォーラム(仮称)の事務局を務めます。フォーラムでは、「革新的環境イノベーション戦略」のイノベーション・アクションプランに基づく各研究拠点等のプロジェクト実施状況の共有、拠点間の共同研究、人材の流動化を目指します。. これを受け、国立研究開発法人 産業技術総合研究所は、2020年1月29日に「ゼロエミッション国際共同研究センター」 Global Zero Emission Research Center, GZR を設立しました. アクセス リンク集 サイトマップ. 東北大学イノベーション戦略推進センター レジリエント社会構築イノベーションプロジェクト サブプロジェクトリーダー  末永智一.

よく検索されるキーワード

大分類: 政府調達: 中分類: 落札者等の公表: 小分類: 工事: 対象拠点: つくばセンター・東京本部: 件名: 革新的環境イノベーション国際研究拠点(滞在施設改修)(仮称)整備事業の落札者の公表 大分類: 一般競争: 中分類: 落札者等の公表: 小分類: 役務の提供等: 対象拠点: つくばセンター・東京本部: 件名: 革新的環境イノベーション国際研究拠点(滞在施設改修)(仮称)整備事業に伴う地歴及び土壌調査業務の落札者の公表 国際共同臨床研究・治験の中心となる拠点を2施設程度選定し、整備する 革新的医療技術創出拠点など他の研究機関等は、本事業の選定施設との連 携・活用により、国際共同臨床研究・治験の実施・支援に取り組んでいただく 【求められる主な成果】 ・新拠点の予算・人員等の面において長期かつ安定的な運営のあり方を検討すること 国際教育研究拠点の整備について(案) 3. 新拠点の組織形態等 新拠点は、既に立地している研究施設等(以下「既存施設

国際革新技術研究拠点施設

平均ユーザー評価

4.9 / 5

最近訪問しました