宮崎の本格焼酎は多彩な原料が魅力

Photo by Spiegel. あまり焼酎を飲んだことがない という初心者の方には、 麦焼酎がおすすめ !香ばしくスッキリとして軽やかな味わいなので、初心者にもとても飲みやすいです。ストレートやロックで飲むことができるだけでなく、水割りやソーダ割り・お茶割りなどでも飲むことができますよ。 アルコール度数が気になるという方 は、割り材を使うことでアルコールが薄まり飲みやすくなるのでおすすめです。. 霧島酒造は宮崎県都城市に本社及び工場を置く酒造メーカーです。「霧島」ブランドの名前の由来は、 鹿児島県と宮崎県県境に聳そびえる霧島山から 。創業時から作られている芋焼酎「白霧島」は、大正5年に創業者である江夏吉助により黒麹仕立ての焼酎が誕生します。. 芋焼酎の代表ともいえる霧島は、宮崎県都城市に本社のある霧島酒造が生産する焼酎です。霧島酒造は大正5年に創業、平成27年には創業100年目をむかえました。おもに芋焼酎を製造しています。 創業時から製造している白霧島をはじめ、今ではいくつもの霧島シリーズを展開。なかでも最もメジャーなのが黒霧島。それまでマイナーな存在だった芋焼酎を、 入手困難なプレミア酒に押し上げたのです。 そこで今回は雪平鍋の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは ブランドの種類やレア度、プレゼント用 などを基準に作成しました。自分好みの霧島を探したい方は、ぜひ参考にしてください。. Photo by zunsanzunsan. 宮崎県の焼酎造りの大きな特徴のひとつが、麹菌の一種である「黒麹」です。 麹菌は、焼酎造りにおいて、原料のでんぷんを糖質に分解し、安定した発酵を促すという重要な役割を果たすもの。もともと九州では、日本酒の醸造に使われる「黄麹」を焼酎造りでも使用していました。しかし黄麹は温暖な気候と相性が悪く、もろみが腐りやすいため、九州では今ひとつ定着していませんでした。 明治の終わりごろ、ある酒造業者が、泡盛造りに用いられる「黒麹」を使って焼酎を造ったところ、うまく発酵して高品質な焼酎ができることに気づきました。 黒麹は黄麹にくらべてクエン酸を大量に作ります。このクエン酸が雑菌の増殖を防ぐため、暖かい気候でも安全に発酵させることができるのです。まさに九州にぴったりの麹といえるでしょう。 このことから、宮崎では黒麹を使った焼酎造りが一気に広がりました。現在では研究がすすみ、さまざまな麹を使った銘柄が誕生していますが、黒麹を使った焼酎が、宮崎焼酎の原点といえるでしょう。. ズバリ、白ワインを彷彿とさせる芳醇な香り! 薩摩酒造から数量限定で販売されている、極限まで旨みが凝縮された芋焼酎。「土室糖化芋(つちむろとうかいも)」を原料にしており、薩摩酒造の技術によって 自然な甘さと濃厚な旨み が感じられます。初心者はもちろん、芋焼酎ファンにも楽しめる1本。.

全国の美味しい焼酎を紹介!第3回:宮崎焼酎おすすめ5選!! - 焼酎の豆知識 - お酒買取専門店ファイブニーズ

「臭い焼酎」としてマニアックな存在だった芋焼酎を人気のお酒にのし上げたのが、新商品「黒霧島」。年代前半の芋焼酎ブームは、この黒霧なくしては考えられない現象でした。年から焼酎売上ナンバーワン宮崎が誇ります。 あまり焼酎を飲んだことがない という初心者の方には、 麦焼酎がおすすめ ! 香ばしくスッキリとして軽やかな味わいなので、初心者にもとても飲みやすいです。 焼酎のおすすめ銘柄|芋焼酎 霧島酒造 赤霧島 芋焼酎に最適とされる「コガネセンガン」のDNAを受け継ぐ、「ムラサキマサリ」が原料の芋焼酎です。

【宮崎県】おすすめの麦焼酎!おすすめの飲み方もあわせて紹介。